ご朱印帳2冊

「帳」の字を見て、小学校1年か2年生くらいのとき、「ノート」のことをまだ「帳面」なんて呼んでいたなあ、なんて思い出したのは余談として、いま、ご朱印帳を2冊持っている。 1冊は、靖国神社専用。もう1冊が、日本中(というほどあちこち行っていない…

上川大臣は間違ったこと言っていない

「上川外務大臣は、18日静岡市内で自身の女性支持者ら、およそ200人が出席した集会で、静岡県知事選挙の応援演説を行いました。この中で上川大臣は、候補者への支持を呼びかけたうえで「一歩を踏み出したこの方を、私たち女性がうまずして何が女性でしょうか…

食中毒?下痢?

尾籠な話で、恐縮です。 先日のこと、お昼にタイ料理を食べて、電車に乗ろうと、プラットホーム上に立っていた。 すると、なんだか下腹部に不快感がじわじわ。そのうち痛みに変わってきたので、こりゃまずい!とトイレに駆け込んだ。 女性清掃員が清掃中だっ…

とうとう閉店した、最後の傘屋さん

この店については、2018年5月20日に書いていた。 『要らない傘をあえて買ってしまった @ 六角橋 』神奈川区内に、六角橋商店街というストリートがある。東急東横線だと、白楽駅を下車したらすぐだ。銭湯もあるし、金魚屋もうなぎ屋もある。井の頭五郎も食べ…

閉店が続くイトーヨーカドー

春と秋に穿き続けている、ユニクロの黒いジーンズが2本ある。同じ商品だが、間隔を数年置いて買った。一方のが、けっこうくたびれてきたなあ、と思い、いつ買ったのか確認したら(←私は、衣類の購入時をタグに油性ペンで書いておく習慣がある)、なんと「Ju…

子宮頸がんワクチン 再開

私のかかりつけの女医さんのクリニックは、壁にモニターがあって、いろいろな情報を表示するので、待合いの間、見ている。 そういえば、このクリニックでも、しばらく中断していた「子宮頸がんワクチン」の接種を再開したようだ。というか、調べてみたら、こ…

横浜駅西口 タワマンと大橋ジム

「横浜駅直結」を売りにしている新築タワマン。 しかし、私、買えない者のヒガミみたいにとられかねないけど、タワマンっておっかなくて住めない。聞いたところ、消防車のはしごって、建物の9階くらいまでしか届かない、という。上層階が火災を発したらどう…

昭和はマジ遠くなってきた

昭和の最後の日、を改めて調べてみたら、昭和64年1月7日、西暦に直すと1989年だ。 つまり、もっとも若い昭和生まれでも、現在、35歳と4か月あまりになる。 昨年優勝した阪神タイガースの選手は、全員平成生まれだった。 わが地元のベイスターズで、昭和生ま…

排水口に熱湯を流してはいけないなんて、誰が設計したの?

かなり前に知って「何だってぇぇぇぇぇ???」と憤った知識。 誰でも、麺や野菜などを茹でたあと、流しにざるを置いて、そこに鍋からジャーッと湯を捨てて湯切りする、と思うのだ。が、この行為、NGなんだって!! んな、ばかな! 排水口に熱湯を注ぐ行為は…

「ホテル建設ラッシュ」と「コンクリート」

先日の新聞記事。 「1泊1万円未満のホテルはないかな~」などとホテル検索をしている私には、縁のないグレードだ。 1泊何十万円もするところにあえて泊まりたい人向けのホテル、って、どれほどゴージャスなんだろう。 渋谷東急百貨店跡地には、「中国資本…

小ネタ写真集

この「り」って、どう見てもひらがなだよね。Re-open. こうして見ると、「り」は、ひらがな・カタカナで結構違うものだ。「へ」は区別付かないけど。 胡散臭い絵画展発見。 小田原のマンホール。ガンダムがどう小田原と関係あるの?と思った。調べたら、作者…

てんや「キス」の英訳

「キス」といってもkiss、ではなく、魚の鱚の話。 我々は、「てんや」が好きである。あんな低価格であれほどおいしい天ぷらを食べられて、大満足だ。 いつも、メニューの写真を見ながら決めて、私が店員さんにぱっぱと日本語で注文してしまうので、英語のメ…

「川崎大師」は本名ではなかった

川崎市にある、川崎大師。毎年の初詣客数の多さでも、10位以内にランクインする。大師、って、神社かと思っていたけど、寺だった。無知。 この5月に、10年に1度の御開帳が行われている。信心などあるわけがないが、見に行ってきた。 行くと、「赤札」なる…

写真ネタ

ものすごい名字の目医者さん発見。ラストエンペラーの親族か?? 国立大医学部卒、頭も超よさそう。 <補足> 「普通なんですが…」ネットを騒がせる“眼科の愛新覚羅先生”が明かす、やっぱり凄い“わが半生” | 文春オンライン 塾の宣伝なんだけど、この女の子…

柴犬の女の子からほっこりハプニング

去年から、ボランティア活動なんてほど大層なものではないが、ときどき、近所のゴミ拾いをしている。 ったく、いつも多いのはたばこの吸い殻。目につくのは、コインパーキングと、道路の側溝のふたの上。 車から降りて一服したくなるのか。それであっても、…

亀屋万年堂 エコ活おやつ

亀屋万年堂では、1日経ったけどまだ賞味期限内のお菓子を、「エコ活おやつ」として、20%引きで販売している。 これはとても良いことだ。私もよく利用させてもらっている。 毎月、新しいお菓子を出している万年堂。今月のお菓子は「ドライフルーツ大福」であ…

ひえ~~、築地市場の跡地に球場?

びっくりのニュース。 巨人、築地新球場の使用は一時的? “最高の立地”誇る東京Dの場所「手放せない」と指摘も(AERA dot.) - Yahoo!ニュース 東京都は4月19日、旧築地市場の跡地を再開発する事業社が、三井不動産を中心とした11社のグループ企業体に決まっ…

「選挙報道」「プリンターインク」に憤慨

マスゴミの報道が自民党の不記載問題ばっかだったため、4月28日の3補選の結果は、最初から見えていた感じだった。 しかし、マスゴミの「自民3敗」って報道、なんだ? 自民党の肩を持つわけではないけど、自民が候補者を立てたのは島根1区だけ。東京15区、…

花火が見えなくなった

これまで、我がマンションのベランダから、花火が見えた。 横浜では、年に10回くらい、港の方で花火を打ち上げる。そのたび、ベランダから楽しんで見ていたが、4月28日の夜にバン、バンと音がしたので、「あれ~今日花火だった?」と思い、ベランダに出た。 …

「地獄谷温泉」と「通訳」

しばらく前の話だが、長野県の地獄谷温泉に行ってきた。 ニホンザルが温泉に入ることで有名な場所だ。しかし、真冬の雪深い時にこんな山奥に行く勇気もないし、うちの旦那のもろい足では無理だと思い、雪が解けてからにした。 北陸新幹線で長野駅下車。子供…

つつじ 根津神社と駒込駅

桜が散ってしまうのはさみしいけれど、そのあとすぐにつつじが咲きだしてくれるのが嬉しい。 私はつつじが大好き。美しいだけでなく、道端でも、あんなに一年中排気ガスを浴び続けているのに、毎年しっかり咲いてくれるタフさにも感服する。 大好きな、根津…

春の一日

今日は暑いくらいの1日だった。 新緑がまぶしい。黄緑色、とはまさにこういう色をいうのだというばかりの若葉が木々を覆っている。 いつもは黄色い落ち葉のイメージしかなかったイチョウの若葉の緑が、あんなにも美しいものだとはうかつにも知らなかった。 …

東京15区(江東区) 補選

衆議院補欠選挙は4月28日に迫っている。 ゴールデンウイーク真っ只中じゃん。投票率はあまり期待できないなあ(ソーカと共産党を除き)。 みなさん、ちゃんと選挙には行ってね。 9人全員のポスターが貼ってあった。感心。 ↓これが乙武のポスターだ。この人…

キリンビール3種と、駅の生搾りオレンジジュース

キリンビールの缶3つ。 右と真ん中は、株主優待でもらったSpring Valleyという商品だけど、市販されているのを見た覚えがない。 でも、2つともなかなか美味しかったよ。 左は、今さかんに宣伝している「晴れ風」という商品だけど、宣伝の割にはどうってこ…

針仕事と男女

いまどきは、助産師を除き、仕事に男女の性別は関係ない時代になっている。 できる人、向いている人がやれば良い。仕事をするのに、男女は関係ない。 家事だってそう。得意、不得意はあるだろうけど、できる人がやればいい。 この頃、重たい冬のコートをクリ…

Tポイントの盛衰

私が持っているTポイント付きの「Tsutaya T-card Plus」カード、当時勤めていた会社の近くに、Tsutayaがあったので、レンタルに行ったら、勧められて持ったものだ。当時はまだ、videoカセットの方が多かったかな? 同カードは、Tsutayaのメンバーシップカー…

早く新茶が出ないかな+銅の茶筒

私はコーヒーが苦手なので、飲み物は茶が多い。主に緑茶だ。 その、肝心の緑茶なんだけど、もうこのごろ美味しくなくて困っている。 考えたら、今飲んでいるのは、昨年収穫された一番古いものぢゃ。 実家では静岡茶を飲んでいたが、結婚して移り住んだ京都で…

「Bag」「water」という単語で今更もめた

ものすごい、いまさらながらの、英語ネタ。 英語では、袋っぽいものは「bag」である。 私のイメージだと、バッグと言えば、ショルダーバッグ、ショッピングバッグのように、しっかり容量があって、手や肩に提げて歩くイメージである。小さくても、ハンドバッ…

「王将」と「カップヌードルミュージアム」

アメリカ人旦那も私も、貧しい家柄で育ったので、外食するにしても、「王将」か「てんや」が多い。アメリカだったらMacかpizzaってところなんだろうけど、餃子や天ぷらと違い、それらは栄養のバランスも悪く、ただ太りそうだ。うちの旦那に至っては、食べ物…

水原夫人と、乙武元夫人が気の毒

大谷選手の通訳「だった」水原一平氏、ついに「容疑者」になってしまった。 大谷選手にお嫁さんがきて、韓国での開幕戦を観戦していた時、水原夫人も一緒に観戦し、4人で写真に写っているのを見た。 水原夫人。なかなか美しく、すてきな奥様だ、と思った。 …