京都精華大学 白井聡講師

安倍総理大臣ご夫妻と近しいというユーミンさんが、総理辞任の報道を聞き、ショックで泣いちゃったとラジオ番組で語ったところ、京都精華大学の講師(教授ではなさそう)の白井聡という男が、

荒井由実のまま夭折すべきだったね。本当に、醜態をさらすより、早く死んだ方がいいと思いますよ。ご本人の名誉のために」

と、人もどきのtweetをし、その後削除したようだ。

雇い主の京都精華大学のサイトを見てみたら、

 

このたび、本学教員によるフェイスブック上での不適切な発言がありました。
「人間尊重」「自由自治」を理念に掲げ、ダイバーシティの推進により多様性を大切にする本学では、個人の主義主張、思想、信条の表現や発言に寛容でありますが、今回の発言は、人間の命を軽んじた内容であり、人間尊重の立場をとるべき本学教職員として不適切な行為であったため、厳重な注意を行いました。
本件におきまして、不快な思いをされた方々、ご心配をおかけした方々に、深くお詫び申し上げます。


理事長 石田 涼

 

「理事長」を謝らせたが、「学長」ではないの? しかし、これは極めて日本的行動だなあ。「子供が間違ったことをしたら親が謝る」的な。第一、この問題行動を上が謝ったって、当の白井が芯から反省していないのだから、説得力はない。とりあえず大学の保身のためのメッセージだけど、「厳重注意」程度の話だろうか。アメリカだったら、「同教員は即日解雇しましたので本学とは一切関係ありません」ってところだろう。

 

白井のコメント:

「私は、ユーミン、特に荒井由実時代の音楽はかなり好きです(あるいは、でした)。それだけに、要するにがっかりしたのですよ。偉大なアーティストは同時に偉大な知性であって欲しかった」

 

白井の理屈では、安倍総理の辞任を悲しむと、「偉大なアーティスト」でもなくなり、「知性」もなくなるわけだ。

 

要するに白井は安倍総理が大嫌いなわけだが、パヨクの人の思考回路って、かくも単純かつ幼稚。彼を雇用している大学も、彼に教わっている学生らも気の毒である。

大学のサイトを見たら、まだ「教員一覧」に出ていた。レーニン主義者らしい。

https://www.kyoto-seika.ac.jp/edu/faculty/shirai-satoshi.html

 

まあ、大学を首になっても、引き続き、相性バッチリの朝日系列や、共産党系の出版物に書いて行けば食べていけるのではないだろうか。