共通テスト、英語、「inebriated」

子供もいない私は、いつの間にか「センター試験」が「共通テスト」に変わっていたことすら、今回初めて知った。私の時代なんか「共通一次」だったけど。

 

毎年、できるだけ、英語のテストは新聞紙上に出ているのを解くようにしているのだけど、今年のは「音声が●回流れます」なんて書いてあり、もう読み書きするだけじゃなく、音声テストがしっかりあるんだと、すぐあきらめた。

しかし、確か、文部科学省は、「英語の試験を外注する」と強行的に言っていなかったかしら?その外注の相手とは「ベネッセ」である。天下りの権化である文部科学省に、ベネッセが、試験の委託と交換に、天下りを持ちかけているのは,誰が見たってバレバレである。文部科学省とは、どんなに批判されても、どうしてこうまで天下りに執念を燃やすのであろう。天下りを受け入れた大学に補助金を増やすと行ったことまで露骨にやる。全然改める気配がない。

 

共通テストの英語の試験は、ネット情報によると、そうとう難しかったようだ。時間が足りなかった、とか、普通の想定問題集をやっただけでは到底解けないレベルだったと。ああ可愛そうに。

 

英語については、普通の日本人よりは知識のあるはずの私であるが、いまだ頻繁に、未知なる単語に出くわし、日々驚いている。

 

たとえば、これは先日、某電車の某駅で見かけたポスター。

 

 

「酔った」だから、「drunk」だとばかり思っていたけど、

 

 

Inebriated」って、なんじゃ?? 初めて見た。

 

そんな訳で、うちの旦那に、

「Drunkとどう違うの? 何が違うの?」

と聞いてみたら、まず、「酔った+人」と、それ以外で使い分ける、と言う。

「酔った利用者・通行人(駅的には「お客様」)」というふうに、人を直接修飾する場合は、

Drunken passanger」

と言い、それ以外だったら、例えば、

Drunk so much」(ベロベロに酔った)、のようになる、という。

ここまで説明をしたら、すぐさま、

「Don't ask me why(なぜそうなのかは聞かないように)」

と、すかさず私に釘を刺すのを忘れない。

で、この「inebriated」という動詞・兼・形容詞は、そのどちらのケースでも使用可能だそうだし、drunkやdrunkenと、意味に違いはない、と言う。

このポスターの訳をした人、よくこんな「inebriate」なんて動詞、見つけてきたなあ。

 

ともあれ、私の英語なんて、所詮、いつまでたってもこんなレベルです。

日本政府は、日本人の善良な国民性に救われているなあ、と思う

毎日「新型コロナウイルスの感染者数」が発表されるが、TVでCMまで出し、ただ検査だけしておしまい、のクリニック(←治療なんかしない)が沢山でてきているので、検査しまくれば数字が増えるのは当然だろうと思う。

 

今日現在の数字だと、「感染者数」と「死亡者数」は、

 

 アメリカ (人口3億人) 2350万人  392,106人

 イギリス (6700万人) 332万人  87,448人

 ドイツ (8312万人) 202万人  46,222人

 フランス (6500万人) 293万人   70,090人

 日本 (1億2000万人) 32万人 4,217人

 

人口と比較したら、いかに日本の数字が小さいか一目瞭然である。

どれも「先進国」であり「教育、医療水準が高い」国であるから、あとはそれ以外の理由が大きく影響しているとしか考えられない。言うまでも無いけど、日本以外みな、マスクを付ける習慣、深い風呂に入浴する習慣がなく、見知らぬ他人でもハグ、キスし、そして、日本人には発狂するほど汚いことだが、外で履きまくってきた靴を、家中、居間でもベッドサイドまでも歩き回る。

 

エスニックジョーク」を思い出した。船が難破し、誰か船から飛び込まなければならなくなったときに、船長が各国民にかける言葉である。

 

アメリカ人「飛び込めば君はヒーローだ」

イギリス人「紳士は飛び込むものです」

ドイツ人「飛び込むのが規則です」

フランス人「飛び込むな!」

日本人「ほかの人たちもみんな飛び込んでいますよ」

 

生真面目そうなドイツの数字もひどいが、日本の人口の半分であるイギリスやフランスの数字のひどさよ。

とりわけ、フランスについては思うことがある。上のエスニックジョークにも表れている通り、フランス人は個人主義で、自由を拘束されることを何より嫌い、おかみの命令には逆らうのがイキだと思っている。

それがゆえ、18時以降外出を禁止、出歩いた場合は罰金、など、強制力を帯びた命令でないと、なかなか従おうとしない。

これに対し,、日本人は、基本、おかみの命令には従うものだと思っている。だから、「8時までで閉店してください」なんて「お願い」ベースで言われても、粛々と従うし、従わない場合は、民間のくそマジメな方々が「もう閉めろ!」などと、自粛警察さながらの活躍をみせ、罰金などの強制措置を取らずとも、これほどまでの低い数字にとどめられている。

さらには、野党とか、朝日新聞毎日新聞などは、「国による強制」には発狂したように噛みつく。すぐ「軍靴の音が聞こえる」だの「戒厳令だ」だのと騒ぐ。なので、政府もおっくうだから、そのような強制措置が執りにくい。それであっても、国民の真面目な習慣と清潔を尊ぶ文化に、どれだけ救われていることだろう。

 

お人よしの日本政府は、武漢ウイルスの変異種が発見されたことで、やっとこさっとこ、14日から、特定の11カ国(支那、韓国、台湾、オーストラリア、NZなど)のビジネス目的の入国を全面禁止する措置を執ったようだ。遅すぎるなあ。メインは、支那韓国がらみの要望だろう。

やっぱり裏に二階の顔が透けて見える。

しかも、通常は、空港からタクシーで一人でホテルまで直行することを求められているはずだが、「お友達」が迎えに来ればそれは免除されるそうで(!)、支那人どもは、迎えに来た白タクを「お友達です」と言って堂々入国する、というのである。

 

これが国民性なんだよなあ。

日本人は、政府の指示には従う、真面目に規則を守る、嘘をついてはいけない、と思っている。

しかし、支那人どもは、嘘にだまされた方が悪い、と思っている。

 

なんと甘ちゃんで性善説で抜け穴だらけの国であろう。情けない。

サンマ-麺

昨日のケンミンショーで、横浜の「サンマ-麺」を取り上げていた。

サンマ-麺、美味しい。とりわけ、冬の今、こういうあんかけって、こたえられない美味。

ケンミンショーでは、サンマ-麺発祥の店、といわれる「玉泉亭」を取り上げていたけど、私、この店のはいまいち好きではない。

 

多くの店と食べ比べたわけでもないくせに生意気だけど、横浜地下街の「龍味(りゅうまい)」のが大好き。

 

 

 

お昼時になると、お客さんがずらーっと並んでいる。

 

特筆すべきは、1杯たったの450円。玉泉亭より安い。しかも1~2年前までには、税込みだったのだ。大の大人が500円玉1個でお腹いっぱいになれる店なんて貴重だ。今でも500円玉で食べられるよ。

注文すると、「サンマー、イーガー」と支那語でオーダーを入れる。餃子の王将みたいね。

 

 

魚のサンマが乗っているわけでなくて、もやしをメインとした野菜と少しの豚肉を炒め、片栗粉でとじたものを醤油ラーメンにかけた麺だけど、とっても美味しいので一度食べてみてください。

 

そうだ、余談だけど、写真の「レンゲ」で思い出した。

 

アメリカのJapanese restaurantで、寿司とかご飯ものを注文すると、よくこういうのが添えられてくる。

 

 

和定食に合わない野菜サラダと、それから、味噌汁、っていうかmiso soup

Miso soupには、なぜかいつも、最初から「レンゲ」をドボンとひたして提供してくる。

スープボウルに直接口を付けて食べるなんて、彼らには考えられないんだろうね。

でも、なんで別にして添えないで、最初から入れてくるのか、なぞだ。

 

困った客、いやな客

先日、銀行に通帳記帳に行ったら、ATMの一つに、長い時間とどまっている婦人がいた。大体75歳くらいだったろうか。

その人は、ATMが使えないのである。しまいには、立っていた案内係の人に、

「家賃振り込むんですけど、どうしたらいいんですか」

と聞いていたので、ぶったまげた。家賃だったら、毎月のことだ。それをこの老婦人は、毎月毎月、ATMで固まり、毎月毎月案内係の人に尋ねているのだろうか。

銀行も、いまや、店舗どころか、ATMを設置しておくことすらひどい負担になってきている。時々、綜合警備とか日通なんかのワゴン車が、大量の札束を置きに巡ってくるのを目にするが、ああいうのもコストになって仕方が無いはずだ。店舗に来て欲しいのは富裕層の客だけで、儲からない一般庶民の客には、できるだけネットを使って欲しがっており、通帳ですら有料化へと突き進んでいる。

そうなったら、情弱とか、機械の操作がからっきしの人たちは、世の中からあぶれてしまうかな。私も、万が一自分が専業主婦だったら、世の中で出来ないことがもっともっとあったに違いない。

 

さて、これは全然別の話だけど、先日、ニトリに買い物に行ったら、これまたジジイの客が、カウンターの女性相手に、いろんな不満がたまっていたのか、どなりまくっていた。しまいにゃ、

「あんたじゃ無理だ。誰かほかの人に代われ」

とまくし立てている。私はこういう客って大嫌いなので、遠ざかったが、声がデカイので聞こえてしまう。

カウンターの女性は中年で、そのジジイ客が、スマホにインストールしたニトリのアプリに、ポイントが付いていないとかそんなことを騒いで、その女性にスマホを操作させていたのだ。

「あんたじゃ無理だ」

というセリフて、ふっと思い出した。

私がまだ20代のOLだったころ。電話を取ると、高齢男性客からよく、

「誰か男の人に代わりなさい!」

と言われることがあった。こういうとき、どうしたら、と思い、私より年長の女性社員に相談すると、

「ああ、私はそういう客、男に振るわよ。だって、化石と争ってもしょうが無いから」

と言われ、私もそういうジジイ客は、無理せず男性上司に振った。

女が電話に出るだけで、「男に代われ」と言われていた時代が少し前まであった。いまでも無くなってはいないかな。

あのニトリのジジイ客もきっとそういうタイプに違いない。私は、その、カウンターの女性社員に、

「無理しないで、誰かに代わりなさいよ」

と、心の中で叫んでいた。

 

 

改めて言う、成人の日をGWごろに移動せよ

私のような無名の一個人が何を言っても自民党とも誰ともパイプがないのであるが、再三言っていることをまた言う。

 

提案① 受験の季節をずらせ=つまり、多数の外国にならって9月入学とせよ。

昨日から、日本海側がとてつもない大雪に見舞われている。雪おろしをしに行って雪に飲まれて死んでしまった人が何人も出た。

とにかく、真冬の雪の時期に試験を行うのが愚の骨頂である。日本海側、東北、北海道の受験生には、雪の心配の薄い地域と比べて格段に不公平だ。

9月入学を、というとすぐ「入学式は4月に桜とともに行うものだ」という人が現れるけど、私はそういう人らを「桜バカ」と軽蔑している。毎年咲く桜と、人生の重大事で一生に1度か2度しかないチャンスを守るのどちらが大切か。雪深い地域から、もっとこの意見が強く言われないのが不思議で仕方が無い。そういう地域の人たちは「辛抱強い」とされているが、して良い辛抱と無意味な辛抱がある。

 

そして今日は成人の日だった。外を歩いていたら着物姿の女性がちらほら。へえ、横浜市では今日やったんだ。これまで新横浜のアリーナだけだったと思うが、今年はもう1つ会場を設け、2会場で4回に分けてやったらしい。

成人式が中止orオンラインになったら、ただでさえ着物を着る機会がなくなった昨今、呉服産業への損害は果てしない。全く、武漢ウイルスめ!

 

私自身は成人式に出なかった。自動車教習所に行っていた。

転校したせいで、小学校、中学校、高校とすべて遠く、成人式って、それら同級生と顔を合わせる機会でもあるのだろうけど、私にはそれがなかった。

さて、成人年齢が正式に18歳になるのが2022年4月からだ。G7の主要国を始め、諸外国では20歳でなく18歳が多いのだという。へえ。成人年齢は海外にならうのに、受験はならわないんだね。

ともあれ、高校3年生で18歳になり、来月受験、というさなかに成人式をするのも、彼らにとって、また、親にとっても非常に負担だ。

ましてや、雪が降って成人式がめちゃくちゃになり、足袋や着物が雪で濡れてしまうこともない。

 

提案②山の日、海の日なんって愚にも付かぬ祝日は取りやめ、受験が終わって入学式も済んだ4月か5月ころに成人式を行えばいいのに。理想を言えばGWの4/30とか5/2とか。

2021年の祝祭日

明日は「成人の日」だが、コロナのせいで、各自治体の成人の日のセレモニーが中止ないし延期になってしまった。

だからといって、祝日であることには変更ない。撤回するとか延期するとか聞いていない。

 

しかし、今年のカレンダーをまじまじ見ていたら、去年のカレンダーに赤く印刷されていた「スポーツの日」、つまり、毎年10月の「体育の日」を7月に移動してまで設けた「2020年東京五輪の日」は、赤く印刷されていない。7月の赤い日は19日だ。これは「海」か「山」の日ではなかったっけ?

この数年で、山の日だの海の日だの、愚にも付かぬ祝祭日が追加され、私は怒っている。

これもどうやら、日本人は積極的に有給休暇を取る人が少ないので、国の方で祝祭日として定めないと休まないから、という理由が背景にあるからだそうだが、なんという馬鹿で、本末転倒なことであろう。

雇用主に、従業員の有給休暇取得を促す方がよほどまともだ。

そのおかげで、日本は、先進国中ダントツで祝祭日の多い国家となっている。学校のカリキュラムにだって遅れが生じるではないか。

 

さて、カレンダーの赤い日の印刷の話に戻るが、10月11日、つまり、旧来の「体育の日」が、カレンダーには赤く印刷されている。

あれれ、何で?と思って調べたら、昨年末ぎりぎりになってこんなアナウンスが首相官邸からあったことを知った。

 

 

 

2021年に限っては、

海の日 7月第3月曜日 → 7月22日(東京五輪開幕の前日)

スポーツの日 10月第2月曜日 → 7月23日(東京五輪開幕の日)

山の日 8月11日 → 8月8日(東京五輪閉会式当日)

 

だって!

カレンダー印刷業者が刷り終えたあとにこんなアナウンスがあったの? 知らなかった。

これでは「カレンダーはこうなっていたので、間違えて休んでしまった」という人が出かねない。

 

・・・・ と、思ったけど、現状では、東京五輪の開幕そのものが非常にあやうい。

なので、結局は、

「先二お知らせした変更を撤回し、カレンダー印刷通りの祝日で良いこととします」

という訂正アナウンスがあるだろう。きっと。

首相官邸は、それでわざと、年末になってそういうアナウンスを「こそっと」したのではないか。

カレンダー業者たちに対しても、「東京五輪を意識せず、これまで通りのものとして祝日を印刷してください」って言っていたかも、

 

とにかく、12月21日の首相官邸アナウンス、知らなかった。

紅と白

もう正月も終わったのに、なますは、箸休めとして重宝するので、今日もまた作った。

 

以前にも書いたのだけど、私のレシピでは、「人参の割合は大根の5%」である。いろんな料理本を見たのだが、人参を大根の3分の1くらい使うレシピもあって「そんなに入れるの?」とびっくりする。大根の中に人参の赤がちらほらしているほうが品があると思うのだけど。

とはいえ今回は、たまたまザクっと切り取った大根が400g、たまたまちょこっと残っていた人参が40gあったので、「人参1割か、ちょっと多いな」と思いながら刻んだ。

 

 

↓ 塩をして1時間置き、しぼったあと。

 

 

ね。これはこれで悪くないけど、やっぱり人参が多い感じ。

 

赤と白、といえば、おおみそかのあの番組を思い出した。

毎年、演出技術が進歩しているし、今年など観客がおらず、却ってすっきりやれたような印象もあったのだが、毎回、終わりに、

「さて、紅と白、どっちが勝ったでしょう?」

という採点が始まると、どどーっと白ける。一挙に昭和に戻る。

調べてみたら、紅白は1951年から放送しているのだという。その当時は、女性の地位がずっと低く、男性と互して競える世界など芸能界くらいしかなかったから、これも趣向のひとつだったのだろう。

その後、「連想ゲーム」とか、民放でも、男女で競うような番組もいくつかあったような気がするが、今ではほとんど、紅白のみではないいだろうか。

それに、昨今は紅でも白でもない人々からの人権の主張が目立つようになってきたが、それらの方々からこの番組にクレームは付かないのだろうか。

紅、白ともう一つ「桃組」を作れ、とか。

○○きよし君など、桃組初代としてふさわしそうなのに。

 

とにかく、最後の採点は白ける。