音響機器メーカー

両親の育ちを知れば仕方ないことなのだが、私の実家には、音楽を聴くという習慣や行為がなかった。

 

ほぼ唯一の例外だったのは、土曜日の午後だったか日曜日の午後だったか、当時は民放で「民謡番組」というものがあって、両親がそれにあわせて歌っていたことだった。これを見ていると、

「うちの両親って、よその親より年を取っているんだなあ」

と悟った。私は民謡なんか大っ嫌いだった。そのくせ、アイドルがテレビで歌っていると、両親はなぜか必死になってけなすのである。だから私は、子供心に、

「芸能人って、好きになってはいけないんだ。悪いことなんだ」

と信じていた。だから、学校で、友達が、ヒロミが好き、ヒデキが好きと言い合っているところには、絶対に入っていけなかった。

なぜ、ああいう両親だったのだろう。

 

そんな環境で育ったので、家にステレオがある子なんて、まるで外国人だった。レコードを何枚も何枚も持っていたりすると、もう、私にとっては到底信じられない事態でしかなかった。

そもそも、当時のステレオは、テレビよりでかくて、私の育った家のように、狭いと置けないしろものだった。

 

さて、「オンキョー」という、そのものずばりの音響機器メーカーがあったけれど、いろいろ合併を繰り返し、紆余曲折を経ながらも、ついに債務超過により、この7月上場廃止になる見通しだという。

私にはうとい分野だけど、ほかの音響機器メーカーといえば、

 

「山水(サンスイ)電気」「Kenwood(旧トリオ)」

 

などがあったはず。

しかし、いま調べてみたら、山水は2014年に経営破綻しており、Kenwoodは日本ビクターとともにJVCケンウッドに吸収合併され解散、とある。

よくわからないけど、とにかく潰れるか吸収されるかの様態で、それ専業では立ちゆかなくなったことは確かだ。

 

だって、誰も、インターネットで音楽をダウンロードし、スマホやPCで音楽が聴ける時代になるなんて、思っていなかったものね。

家電量販店に行くと、まだステレオやミニコンポは売られている。でも、ごく一部の人の趣味の品になってしまった感じもする。レコードはおろか、CDだって過去の物になりつつあるし。スマホからBluetoothにつなげれば、私レベルでは音として十分。

ネット難民とコロナワクチン

東京では、八王子市と世田谷区の高齢者からコロナワクチン接種が始まった。しかし、接種には予約が必須だけど、

「いくら電話してもつながらない」

と言って、当日、予約もないのに接種会場に来てしまった高齢者がいたそうだ。

来ればなんとかなる、と思ってのことだろうけど、その人は、インターネットにアクセスする手段がなかったそうだ。

我々からしたら、ネットのない生活をしている人がいる、ってことが驚愕だけど、そういう人も世の中にはいるんだ、と改めて驚いた。

スマホガラケーも何にも持っていなくて、ひょっとしたら家の電話、「黒電話」かい?

 

時々、日本は支那韓国よりすっごく遅れている、と思うことがあるのが悔しい。

例えば、韓国では、国民の医療情報がすべてコンピューターで一元的に管理されており、どの病院、医院にかかっても、過去の病歴が一発でわかるようになっているという。台湾でもこれは同じで、国民健康保険証が台湾人の間で100%普及しており、医療情報がどこでも一発でわかるのは韓国と同様である。

それに比べ、日本ではやっと、マイナンバーカード(注:このクソ和製英語、だいっきらい)の普及率はまだ3割に満たない。持っていなくても困らないからだ。

最近やっと、マイナンバーカードを国民健康保険証として使えるようになる、という話を聞いたが、これも、

「その医院、病院に、マイナンバーカードを読み取って利用できる端末が導入されていなければ」、

患者が「よし、使おう」と思っても、「うちでは使えません」になる、と知った。

大きい病院なら一斉導入するだろうけど、個人病院、とりわけ医師が一人だけで年寄りだったりすると、

「わしゃ(わたしゃ)、今からそんな面倒くさいもの、入れたくないよ」

と、抵抗する様子があざやかに浮かぶ。

韓国や台湾は、政府が、

「これを導入しないと、健康保険制度を使わせない」

とか、

「医療行為を許可しない」

とかいう強制力で進めたのではないだろうか。それなら抵抗できず、システムを導入せざるを得ない。

日本には、この「拒否できない」制度に対するアレルギーというか抵抗が、富士山より高いのだ。

患者の中にも、

「個人の医療情報が洩れる」

と抵抗する人がいる。マスゴミも、野党も、そういうネガティブ面ばかり主張し、反対する。

それなら韓国や台湾でできている理由は、と彼らに聞いても、きっと黙ってしまうだろう。出かけた先で急に病気になった、事故にあった、といった時に過去の病歴を知ってもらえるだけでも、救命につながるのに。

 

イギリスって国は、案外ざっくばらんで、今回、このコロナワクチンの接種では、精密さよりスピードを最優先している、と知った。

なんとなんと、ろくすっぽ英語も話せないような移民らにも、「注射の訓練」をほどこして、それでもう、接種をやらせている、というのだ。

ひえ~~っ。

日本だと、生きた人に薬液を注入するのは、医師、それから、医師から指示を受けている看護師、准看護師に限られる、と思う。もし日本でイギリスみたいなことやらせたら、

「接種に来た人間を殺す気か」

みたいな猛抗議が起こるのも目に見えている。

やっとこさっとこ、コロナワクチンに限り、歯科医師にも特別に接種させる案が出てきているそうだが、大賛成である。歯科医師は人数が多いし、繊細な歯茎に注射をし慣れているのだから。

 

日本って国は、よくよく完璧主義で、接種でただの1度たりとも失敗がなく、誰一人副反応を起こさないという保証がない限り、ワクチンの接種は許されないと思っている人が多そうだ。たとえ1万回接種し、副反応が出た人が1人だけだったとしても、「危険だから中止しろ」と、ネガティブ面ばかり報道する。他の9999人が救われていることは絶対報道しない。

 

そしてそして、おどろいたことに、コロナワクチンに接種予約をしていながら、ドタキャンで会場に現れなかった人が4~5人いたせいで、その貴重なワクチンを「廃棄」してしまった、というのだ!

 

日本人、って、なんとクソ真面目で律儀なんだろう。

 

捨てるくらいなら、それこそ、当日予約しないで来てしまった高齢者に打ってしまえばいいのに。

 

ほんと、日本人のクソ真面目と融通の利かなさって、どんだけブレーキになっていることか。

少数派である反対意見に、耳を傾けすぎなんだよ!

 

東京都大和市?

この前、郵便局に行ったとき見た光景だ。

カウンターで、おそらくその場で購入したのだろうけど、封筒に84円切手をゆーっくり貼っている、やや年配の女性がいた。

あまりゆっくり貼っているので、何気なしにその封筒の宛先を見てしまったのだが、なんと、

 

「東京都大和市

 

と書かれている。

 

へ?

 

若いときの私なら、

「東京都に大和市なんてありませんよ。東京なら東大和市で、もし大和市なら神奈川県ですよ」

と、おせっかいにも口出しするところだったが、今はもう、自分に関係の無いことには口を出さないトシになった。

郵便番号さえ合っていれば、無事、東大和市か神奈川県の大和市に届くのだろうか?

そんな心配はチラッとしてしまった。

 

北海道に「北広島市」という市がある。文字通り、広島県から北海道に入植した人たちが多く住んだところから名付けられている。

東京の「東大和市」も、神奈川の「大和市」も、もとは「大和村」だったところからその市名になった。

別に、奈良にゆかりがあるわけではない。

 

ともあれ、手紙を出したおばあさん、受取った人から、

「あのね~~、東を付けてね。ここは東大和市なんだよ」

って、教えてもらったことを祈りたい。

 

郵便局のこういうサービスはいいかも

田舎に、年老いた親を置いて都市部に暮らしている人たちは多いかも知れない。

たまたま、郵便局のこんなサービスを見つけた。

 

 

 

局長さんとか、局員さんが、指定されたお年寄りの家に毎月訪問し、その様子を子に報告するというサービス業だ。

これって、いいかも。

田舎とか山奥には、銀行はなくても、郵便局ならなんとかあると思う。

毎日のように、都会から電話してもいるだろうけど、やはり、直接訪問してもらい、他人の目から状況報告を受けるっていうのは、良いことではないかな。

身内なら「なあなあ」で見落としたりすることもあるし、ある時から急にゴミ屋敷状態になってしまったりもあるし。

 

しかし、現代人は、医療と栄養の向上により、なかなか死ななくなった。

人生100年時代と言われる今、やはり、70歳くらいまで働くのが望ましいのではないか。

企業の方も、50代かもしくは60代の人でも面接し、能力に適したそれなりの仕事を与えると良いと思う。

 

米テネシー州で高校生が銃乱射

アメリカという国は、毎日平均して80人くらいが銃で殺されているとか聞いたけど、少しも銃規制を強めようとしない。民主党などが少しでもその気配を見せるだけで、NRAなどが肉弾戦で抵抗にかかる、という、いくら憲法で武器の所有を認めているからと言って、日本から見たら、とてつもなく異常な国である。

 

12日、テネシー州はノックスビルという田舎の市の高校で、銃乱射事件が起った。

あっちに住んでいたら、高校生がこんなことしても別に珍しくないのかもしれない。

 

 

 

アメリカ人の旦那によると、この高校は、Austin East Magnet高校といい、このあたりでは割とレベルが(日本流で言うと偏差値が)高く、ちょっと勉強の出来る子を持つ親がわりと入れたがる高校だそうだ。

それが、このざま。

そもそも、子供(といってももう高校生だが)が、すぐ勝手に持ち出せるような銃の管理をしている親も親だけど。

 

この高校に通っていた生徒の一人が、銃を持ってトイレに立てこもり、警官に発砲し命中したので、即座に射殺された、という。

当初、けが人は複数と発表されていたらしいが、実際はどうやら、この警官一人だけだった模様。

 

それでも、警官に発砲すると、無条件で射殺されてしまうんだ。

 

日本だったらこんなcrazyな事件は起こりえないけど、もし起ったら、

「まだ前途のある10代の子を無条件で射殺するなんてひどすぎる」

「更生の道があったはず」

とか、人権屋どもが非難囂々しそうだ。

アメリカでも人権屋が腐るほど居るし、あれほど裁判が好きな国民なのに、10代の高校生を即座に殺処分することには、異議が出ないのだろうか。

 

つくづく、アメリカという国はわからない。狂い過ぎているから、というか、日本とは余りにスタンダードが違いすぎるから。

 

ちなみにうちのアメリカ人旦那は、NRAの終身会員である。

微アルビール「ビアリー」

我が家は、そんなに飲み助ではない。だから、べろべろに酔っ払うとか、深酒をするとかいうことは、基本しない。

第一、愚行だと思うよ。

明日への影響も考えて、アルコールは少ない方がいいけど、「ノンアルコールビール」っていう製品、何種類も買って試してみたけど、みんなマズイ!サントリーの「オールフリー」がかろうじて飲めるかなあと思ったけど、そうまでして飲みたくないシロモノだらけである。

かといって、夕食にビールがコップ一杯くらいないのも、さみしいしね。

 

そんなところへ、アサヒから、わずか「0.5%」という、大変微量なアルコール量のビールが出た。

名を「ビアリー」という。

 

さっそく買ってみたが、まず、あれ、と思ったのは、価格は全然安くないということ。

一番搾りとかスーパードライみたいな本物のビールよりちょっと安い程度である。

 

ともあれ、

 

 

 

 

ノンアルコールほど、まずくはない。

けど、本当のビールほどには美味しくない。

我が家でメインに飲んでいる「本麒麟」とか「金麦」よりも、美味しくない。

 

ビールのアルコールって、ただ酔っ払うためにあるのではなく、味に大きな影響を持っているのだ、と悟った。

 

でも、それほど悪くはないよ。

明日の仕事に差し支えないように飲みたいときには、お勧めできると思う。

腹正しいこと2点ほど

日本共産党って、死ぬほど迷惑な党だね。

いまでも「赤旗」が主な収入源で、最初から見込みのない選挙にでも人を出す資金があるってことだろうか。そうやって候補者を出してくるものだから、民主主義の規定により、膨大な税金を浪費して、選挙を行わなければならない。

この前の福岡知事選挙しかり。元副知事の男性(66)候補には、自民、立憲、公明、そして社民までが推薦した。これに対して、共産党の70歳の女性候補。これじゃあ誰が見たって結果は最初からわかっているから、投票しに行く気力も起らなくなる「非・共産党vs.共産党」のパターンだ。

税金の無駄使いだから、共産党は候補者を出すなよ、って、新聞でもTVでもキツく言わないのかなあ。

ずいぶん昔の横浜市長選挙にもあったっけ。現職市長と、共産党のお婆さん候補。

民主主義とは、なんと無駄が多いシステムだろう。有史以来、一度たりとも民主選挙を行ったことのない支那共産党も、こういう無駄を見たらバカ笑いしていると思うよ。そういや、日本共産党も、委員長は20年以上ずーっと志井だ。党員による民主選挙なんて一切行わないくせに、民主主義国家の選挙制度だけはちゃっかり利用している。政権を取る気もないくせに。

 

東京電力福島第一原発の処理水を、10年もたってやっと海洋投棄する運びになり、ほっとしている。

もう、水を保管するスペースも尽きてきたと聞いている。

そうしたら、案の定、支那韓国が噛みついてきた。

 

「殺傷兵器を海に捨てることと変わらない」

「汚染水問題は韓国だけの問題ではない。人類全体に対する明白な犯罪行為」とし、海洋放出決定の撤回を求めた。

 

だってさ。さらに愚かなことには、国際海洋法裁判所に提訴するとか意気込んでいるらしいが、韓国が海洋投棄している処理水のトリチウム量の方が、福島の処理水よりはるかに大きいのだそう。

それがバレたら、韓国は赤っ恥。火病を起こして済む話でも無い。

 

しかし、しかし、だ。

菅総理も、ただ「海洋投棄します」なんてアナウンスしないで、

「ちなみに、中国が投棄している処理水のトリチウム量は福島の●●倍、韓国が海洋投棄している処理水のトリチウム量は日本の●●倍ですので、念のため」

と、最初から釘を刺しておけばよかったのに。さらに不快で不思議なことは、日本のマスゴミは、海洋投棄のヒステリックな反対論ばかり報道し、支那韓国がその何倍も汚染されている水を投棄している事実を報道しないことだ。日本という国は、どれほど原発ノイローゼと左翼に汚染されているのだろう。

 

しかも、福島から流される先は「太平洋」であるが、支那や韓国は「日本海」に流しているのだ。なんでそれで韓国に被害が及ぶと火病を起こしているのか。支那が流す水には文句を付けず、日本から太平洋に流すと文句を言うって、ほんとバカだね。