猪木さん、円楽さん

この頃、誰もが知る人の死が相次いでいる。

 

プロレスファンでなくとも、アントニオ猪木さんの名前を知らない人はいない。

馬場さんと並んで、日本のプロレス界を築いた巨頭だ。特徴のある長いアゴ、何度も繰り返した離婚結婚、莫大な借金。国会議員にまでなった。私はかつて有楽町の選挙演説でご本人をお見かけしたなあ。老いられてからは、難病と闘っていた。

離婚しても倍賞さんとは良き関係を保っておられたみたいだが、男性が年を取ってから妻に先立たれるって、かなり痛々しい。

4番目の奥様と入るお墓を青森に建てたと聞いていたけど、横浜に納骨する、とも聞いた。どっち?

 

とにかく、合掌

 

それから、いまでもつい「楽太郎さん」と読んでしまいたくなるけど、円楽さんも亡くなった。

72歳で「晩年は」なんて言うのも、長寿の現代ではそぐわないけれど、晩年はそれこそ病の連続だった。

落語だけでなく、俳句も健闘なさっていた円楽さん。昨日のプレバトの最後に、円楽さんの登場シーンをまとめたものが2分あまり流れていた。

 

 

 

 

円楽さんの元の句、

「老いてなほ 色変えぬ松 芸の道」

を夏井先生は大胆に添削なさった。

 

「色変えぬ松 高座に遺す 扇子(かぜ)一本」

中七だった「色変えぬ松」をまんま上五にするのもなんか重いんじゃないか、と多少俳句をかじっている私は生意気にも感じてしまったけれど、でも、元の下五「芸の道」というのも、観念的で陳腐に見えるので、さすが夏井先生だ。

「これを辞世の句にしよう」と、当時は、完全にギャグとしておっしゃっていた円楽さん。こんなにもすぐに本当の辞世が来るとは、当時、円楽さんも、誰も、これっぽっちだって考えていなかったはず。

 

こちらも、合掌。

読めない名前

江戸川で発見された子供の遺体は、やはり不明となっていた少女であった。

 

ご家族が悲嘆にくれている中、こういうことを書くのは非常によろしくないのだろうけれど、この少女の名前が、「南 朝芽」というのを見て、「下の名前、あさめ? なんて読むの?」と思ったら、これで「さや」と読むのだそうだ。

どうして、近頃の世の親たちは、読めない名前を付けたがるのか、到底理解できない。

本来は「あい」と読む「愛」も、「あ」と読ませる例など目に付くが、この名前も「朝(あさ)」なのに、下の読みの「さ」だけ取ったりと、漢字を本来は違う勝手な読み方にするとは、日本語を理解できていないか、遊び半分でくずしているとしか思えない。ましてや、「芽」は「め」か「が」と読むのに、なぜ「や」なのか? 

こういうのも、キラキラネームの一種なのだろうか?

この子も、普通に生きていたら今後の人生で何万回「名前なんて読むの?」と聞かれ続ける運命だったことか。

 

私は、姓は平凡なので、名乗りやすくて気に入っているが、下の名前が嫌いで困っている。

その名の由来を親に聞いたことがあったが、昔のとある女性学者の名前から取ったそうだ。けど、その人は女性としては薄幸だったようで、一生独身だった。私が若い頃どんなに頑張っても彼ができなかったわけだ。旦那だけが唯一の成功事例。

国は、中学から高校生になったら、一度は改名のチャンスを全員平等に与えたらどうかと真剣に思っている。

「オー」と「オウ」ははっきり違う発音に・・・したい

先日、何かを読んでいたとき、とある女性がコーンに盛ったアイスクリームを食べながら、

「このコーンって、全然トウモロコシの味がしない」

とおっしゃったそう。はっはっは・・・ と笑ってはいけないよね。日本語のカタカナ発音だったら区別がつかないもの。だから、アイスクリームのコーンがトウモロコシから出来ていると思っている人がいてもおかしくない。

 

これもコーン。道路工事とかでよく見掛ける。

 

 

アイスのコーンとかこのコーンは「錐(すい)」という意味で、「cone」と書く。

発音は「コーン」ではなく、「コゥン」みたいに、はっきり「オウ」という二重母音を言う。でないと、トウモロコシ(corn)と誤解される。

 

実は私、昔この「ou」の発音でアメリカ人旦那に注意されたことがあるのだ。

お菓子を焼くのが好きだったので(←過去形。今はあまりしない)、「スコーン」を焼いて、旦那に、

「スコーン食べよう」

と言ったら、ちゃんと「ou」と発音するように言われた。しいてカタカナで書けば「スコゥン」と発音する、というか、むしろ「スコン」でも通じるかも知れない。「スコーン」と発音すると、「侮辱(する)、軽蔑(する)、あざけり(る)」のような、悪い意味の名詞&動詞「scorn」になってしまうからだった。とほほ。ちなみに食べるスコンは「scone」と書く。

 

でも、日本人が上記のアイスクリームや道路の三角のあれを「コウン」なんて発音することは・・・ 期待できないよね。

せめて、英語では綴りと発音が違うと知っていてくれれば。

 

ところで、以下は「corn」の話だ。

ネットでたまたま、ブラジルのデザート「curau(クラウ)」という、トウモロコシで作るプリンのようなものを知った。そろそろ生のトウモロコシも季節的に終わる。これは、缶詰でなく生のとうもろこしを使うデザートなので、試しに作ってみた。

 

結果・・・・

 

イマイチ好きじゃなかった。やっぱとうもろこしはそのまま食べた方がよろしい。

 

レシピには、シナモンを振ると良いとあったけど、それも合わなかった。

残念。

本場ブラジルで食べたら美味しいのかな。

まあ何事も経験。

 

 

テレ朝処分軽いね~~ たったの「出勤停止10日間」

玉川徹は、今朝もモーニングショーに出ていたそうだ。テレビ朝日も玉川本人も、反省していないのかね。

私が玉川だったら、謝罪ののち、すぐに番組出演を辞退している。

とにかくこの玉川という男は、羽鳥さんなどがすこしでも自民党や菅さんにポジティブな発言をすると、いかに荒唐無稽な理論を持ち出しても、全力で否定しなければならないと思っているようだ。

 

記念のために保存しておこう。9/28の「電通入っている」との玉川の失言の場面(3:38)と、それから翌29日の謝罪のシーン(4:00)。

 

 

玉川は、「関係者の皆様、視聴者の皆様」には謝罪しているようだけど、相変わらず、菅前総理には謝罪していない。

テレ朝は、民間テレビ局だから、当然スポンサーからの広告料が命。しかも、電通はその広告のかなりの割合を占めているという。

ひょえ~~。自分の勤務先のクビを締め上げるような超・軽率発言。

菅前総理より、電通のご気分をそこねては、民放として成り立たないからね。

しかし、玉川の謝罪のときの顔、目が、カメラをまっすぐ見ているシーンがほどんどない。なぜか視線が上だ。どうも、カンペ(プロンプター)を読んでいるらしい。

 

 

 

 

玉川の処分は、たったの「出勤停止10日間」だって・・・・

あんなデマを飛ばしておいて、国会議員だったら辞任ものだ。

モーニングショーのスポンサーは誰? みんなで不買したらどうだろう。

10日たったら、また玉川は出てくるのかな? まあテレ朝のことだから、意地でも出すんだろうね。

女と爪楊枝

年齢が40代の男性タレントが、テレビで、

「40過ぎると、歯の間に食べ物が挟まりやすくなるんだよな~~」

と言っていた。まあみんな、多かれ少なかれ、加齢によって歯の隙間がひろがったり、歯ぐきが下がったりで、そうなるのは避けられまい。

 

ところで、びっくりしたことがある。

まだ知り合ってあまり長くない女性と二人でご飯を食べたとき、食べ終わったら、彼女は私の前で平気で爪楊枝を使い始めたのである。

ギョッ。

こういうのは、付き合いの長い女友達だって、やられるとギョッとする。多分、付き合いの長い友人は、私の前だったら多少礼儀を逸したって私なら何とも思わない、と思っている。

しかし、実際は案外そうでもなかったりするんだよ。言えないけど。

 

やっぱね~~、偏見かもしれないけど、女性は人前で爪楊枝を使うのは見良くないなあ。

食べ終わると、舌を口の中で回し、チュッチュッと物音を立ててしまう女性もいたりする。これって、いかにも歯に挟まった食べ物と格闘していますよ、って姿で、オバサン丸出しである。これも、トイレに立って対処するか、その状態で我慢して帰宅し、家に着いたら速攻で歯間ブラシを使って出す、という2つに1つのいずれかでお願いしたいものなんだけどね。

 

ところで、これは「歯」じゃないけど、うちのアメリカ人旦那は、食事が終わると、隣の家までとどろくような音で、

「グェ~~~~ップ」

とげっぷ(belch)をする。さすがに赤の他人の前ではやらないけれど。

食べるとき、口から空気を飲み込みすぎるのだろうか。それも手伝って、肛門からのげっぷもすごいのだろうか。

バイデンとハリスの失言

テレビ朝日の玉川の失言に呆れ、怒っているところだけど、アメリカの首脳のお二人も、失言なさっている。

民主党は否定するが、バイデン大統領の場合はもう、認知症の症状としか思われない。

79歳だものね。

 

 

先月交通事故死したJackie Walorski議員の名を呼び、「Jackie、どこだね?」と会場で彼女をさがした。

この大統領、なんと、先月同議員が亡くなったとき、twitterでお悔やみの声明を出しているというのに。

旦那に聞いたところ、

「たぶんtwitterも自分でやれているわけがなく、他の人に打ってもらっている」

とのこと。そりゃま、そうだろうね。このWalorski議員を会場でさがしたことについて、民主党の広報担当は、

「同議員が心に残っているので、無理からぬしぐさ」

と釈明したそうだけど、ま~~苦しい言い訳ですこと。

 

ロシアや支那のトップがあんな状態なのに、アメリカの大統領がこんなボケでどうするのよ?

 

しかし、副大統領のハリスも、党内では全然あてにされておらず、どこで何しているのかも気にかけられない程度の存在だという。

まあ元々副大統領なんて、外国の葬儀に出たりとかの儀礼的な行為をこなすためのポジションだけど、まれ~~に、ニクソンのときみたいな事態も発生し得る。おろそしい~。大統領は79歳の爺さんなのだし。

 

ハリスの失言は、「韓国」を「北朝鮮」と間違えた発言をしたこと。

 

 

安倍氏国葬の後、韓国を訪問した副大統領は、そのスピーチの中で、

アメリカは、北朝鮮(North Korea)との同盟という非常に重要な関係を共有している。強固で揺るぎない同盟だ」

とおっしゃったそう。

バイデン大統領のボケスピーチの数時間後に起こったこの失言、バイデン氏のボケに取って代わるくらいネット上で出回ったそう。

バイデン氏の場合はボケだけど、ハリス氏の場合はアジアに対する無知、無関心から来ているのかな?それとも本当に北朝鮮のことが脳裏にあったせいかな。でもただ「Korea」と言えばいいのに、わざわざ「North」をつけるかな。

「言論の自由」とは、何でも垂れ流して良いことに非ず

日本では、日本のTV番組が、日本のことを、とことん悪く言いたい人をあえて起用している。

たとえばテレビ朝日の玉川徹とか、TBSに出ている青木理、とか。

 

玉川、またやらかしたね。

 

 

玉川によれば、献花の長い列は「電通の演出」なのだそうだ。はあ・・・・・・

あとで訂正したようだが、

 

 

ガセを放っても、軽く訂正すれば済むと思っているらしい。この男はよくよくテレビに出る資質がないのだが、それを分かった上であえて、テレ朝は起用し続けている。電通も玉川を訴えたらどうか。

 

絵の下手な漫画家の小林よしのり氏も、ガセを放った。

あんな長蛇の列を統一教会が動員した、って? 統一教会も、小林を訴えたらどうか。

小林は、あとで「反省」のそぶりを見せたようだけど、訂正も撤回もしていない。

「わしは、嘘をつくのが超苦手なのだ」

と。それって今でもあの列が統一教会の動員だと信じているってことだ。私は教会員じゃないが、自発的に並んだ。ばかにするな。

それに、小林は、列が2万人、2万人と書いているが、実際に並んだ身としては、絶対に2万人ぽっちじゃない。

 

 

支那とか北朝鮮だったら、政府のカンに障る発言をしたらすぐ粛正されるけれど、日本では、言論の自由が保証されているからといって、ガセでも何でも、発言し放題だということではない。言論の自由には、責任を伴う。ましてや、公共の場での発言がすぐ広まるマスメディア関係者や、有名漫画家など発言に影響力のある人たちは、かなり正確に裏を取った上での発言すべき。今更言うまでも無いことだけど。