本当に地球は温暖化一方なのだろうか?

アメリカ人の旦那が、メール(ショートメッセージ)で「Ronaがウンヌン」と書いてよこしたので、

「Ronaって何?」

と尋ねたら、

「Coronaの短縮形。最近アメリカで使われている」

とのこと。なんだよ~、カタカナで言えば「コロナ」の「コ」だけ。たった1文字を省く有用性って何?

 

それはともあれ、トンガ沖で海底火山が爆発した。そのせいで環太平洋に津波が起こり、はるか離れたペルーで、女性2名が車ごと津波に流され死亡したという。地球のパワーは計り知れない。

 

 

今回の噴火による津波は、環太平洋の国々にまんべんなく及んだ。これほどのスケールだと、1991年のピナツボ火山爆発同様、全世界的に、冷害の及ぶ可能性はないだろうか。こういう地学・科学・気象学関係は私の最も苦手とするところだけど、食糧不足が起こり、米不足はもとより、小麦も不足し、

「米がなければパスタやパン」

なんて言っていられる状況ではなくなるかもしれない。おそろしい話だ。

ピナツボ火山の冷害のとき、日本政府は緊急避難としてタイから米を輸入した。ご存じの通り、タイ米はパラパラの長粒種で、もっちりした米を食べ慣れている日本人には、同じ米と呼べるものではないくらいだった。しかし、タイ米だって、今度また輸入できるとは限らないのだ。米の備蓄は現在どのくらいあるのだろう(もちろん不足するのは米だけではないが)。

今回の火山に近いオーストラリアは一大農業国だが、小麦へのダメージが心配される。

 

科学者らによると、地球は現在「温暖化」の一途であり、これを防ぐために、世界中でCO2排出を制限するのがよしとされている、が、これから数年間、寒冷化に向かうおそれがあるのかどうか、どなたかご説明いただける学者さんはいないだろうか。

カッとなる男は本当に手の付けようがない

昨日、大学入試共通テストが行われる会場の一つであった東大で、男子(17)が、3人を切りつけて逮捕される、という、どうしようもない事件を起こした。まだ高校2年生だ。「医者になりたかった」そうだが、人を切りつけるだけでそんな資質はゼロなのが分かる。多分、親が医者で、子供の頃から「医者になれ、医者になれ」と言われて育ったのかな。

しっかし、わざわざ名古屋から上京してきて、東大の前で、全く関係ない3人を切りつけてどうするっていうんだ。

しかもそのうち2名は受験生だ。これで2人は1年を棒に振らされた。

 

京都アニメーションの放火事件では、ガソリンをばらまいて放火し、71人を死傷させるするという、地獄のような手段に出た犯人(当時41歳)。

 

京王線の中にガソリンをまいて、18人に負傷させた犯人(当時24歳)。

 

大阪の精神科クリニックにガソリンをまいて25人を殺し2名を負傷させた事件。犯人(61歳)自身も死んでしまった。

 

本当に、男って、と言ったら、「こんな狂人どもと一緒にするな」という男性諸氏の怒りが聞こえてきそうなのでそれはまあ撤回するけれど、どうしてこうもカッとなると、キチガイ沙汰を起こせるのだろう。刃物を持って暴れたり、ガソリンや石油をぶちまける、という犯人はまず男で、これは、男が本能として持つ闘争本能、攻撃心および腕力の強さが大いに関わっている。しかし、この短慮さよ。

しかも彼らはしばしば、

「人を殺して死刑になりたかった。死にたかった」

と、たわけた言い訳をする。だったら一人で死ね。

 

世界に誇る治安をもつ日本においては、

「まさか、こんなことをするヤツはあるまい」

という前提が物が作られ、ことが運ばれている。

しかし、「まさかこんなことをするヤツ」が、ぽこぽこと出現している。

海外だったらその場で射殺だけど、日本では、ご丁寧に精神鑑定したり、延々最高裁まで争って、膨大な労力と税金をかけさせられる。

 

それから、個人で運搬していけるだけの量のガソリンや石油を小売りするのは、禁止の方向に持っていくべきではないのか。

 

支那人の詐欺メール

こんなのが来ましたので、参考までに貼り付けておきます。

 

アマゾン公式メール

 

【重要 カスタマーセンターからのご案内】

 

あなたのᎪmazonのアカウント:****@hotmail.com、異常なログインが見つかり、配送先住所が変更されました!新しい配送先住所は24時間後に有効になります。

ログイン日時:2022-01-14,10:31:29IPアドレス:122.152.211.88

装備:鹿儿岛市

場所:iphoneX IOS 13.2.3Αmazonアカウントの盗難による顧客への金銭的損失を回避するために、携帯電話のみを使用してΑmazonアプリケーションにログインすることをおすすめします.

現時点では、アカウントはまだ機能していますが、一部の機能が一時的に無効になっています。これがあなた自分自身でない場合は、アカウントにログインして、すぐに設定を変更してください。

 

アカウント管理に移動

 

 

バカだね~。

装備:鹿儿岛市

 

だって。

紅白歌合戦、改め

年末恒例の紅白歌合戦、前半部分は31.5%、後半部分は34.3%という、「歴代最低」の視聴率を記録したそうだが、なんのなんの、これって相変わらず化け物のような数字だと思う。

大体、娯楽が少なくて、年末はどの家庭でもこの生放送にかじりつくのが最大の娯楽だった時代の視聴率と比べる方が無理だ。

今はもちろん録画もするし、オンデマンドとかYou tubuなどにより「あとで見る」人がごまんといるのだから、そういう人たちを視聴者にカウントしていないとしたら、全く以て不正確な数字だと思う。

 

それはともかく、昨年大晦日の会では、初めて紅組・白組別の司会者を廃止し、司会者は単に司会者となった。まあ、いいんじゃね。昨今はとにかく、体は男(女)だけど心は女(男)と訴える方々や、そのどっちでもないとかいう方々の叫びに妙に耳をかたむけなければならない時代になってきているのもあるし。とにかく、この「男女に分けて競わせる」という形式が、今の時代、どうにもこうにもダサい。

 

かつて和田アキ子を「白組」に入れたこともあった(=こういうギャグは面白い)。「心は女」のカミングアウト寸前のH川Kよしなんかも、白組に入れられていることに内心イロイロ感じているだろうから、男女の組を競わせるというのは撤廃し、その年に活躍した歌手(アーティスト、って言葉、大嫌い!)だけを集めて歌わせればいい。これなら、性別不詳な歌手だけでなく、男女混成のグループでも出場しやすい。野鳥の会による最後のカウントもイラネ。

 

この番組名もすっかり時代遅れになったが、ここまでの風物詩になると、これはおいそれとは変えられまい。

性別を感じさせないためには、

「KOHAKU」

にでもするかな。しかし、日本語は母音の長短で意味が変わってくるけど、これだと「こはく(琥珀)」と区別つかない。

だったら、

「Co-Haku」

はいかがかな。「Co」は、ご存じの通り、「共同の」という意味がある。高齢視聴者の反発を買いそうだが、もう、演歌歌手はどんどん切られ、ちっとも聞いたことないけどネットで人気のある歌手が出てきているのだ。若い人に見てもらうためにも、いいじゃん。

引っかけくさい表現

Yahooのページに毎日出ている「国内ワクチン接種実績」の数字を見ると、現段階で2回接種した人数は99,456,201人、国民全体の78.5%にまで達したようだ。接種可能年齢が12歳以上であることを考えると、すごい数字だ。

ジョコビッチのように、意地でも打たない人もいる。まあ、入国審査でウソこいたり、言い訳に次ぐ言い訳で却ってドツボにはまって信用を失墜しない限り、打ちたくない人は仕方あるまい。そういう人は、万一感染しても、重篤化しても、病院に駆け込まず、一人でじっと耐え、文句も言わないのが望ましいと思う。

 

さて、と、この間、「これって引っかけだなあ」と思う表現を見た。

「ワクチンを打たれた実験室のマウスは、すべて、2年で死んでしまった」

というものだ。

ワクチン反対論者が一目で狂喜しそうな話だが、話の続きを聞いてみたら、そういう実験用のマウスは、

「もともと寿命が2年」

なのだそうだ。なら、ネズミたちは、天寿を全うしたというわけ。

 

人間って、ネガティブに解釈しやすいし、また、ネガティブな情報ほど広まる。

「2年でマウスは全部死んだ」

というのは、本来、ネガでもポジでもない話だが、言い方がいかにも引っかけくさい。ネズミの寿命を知識として持っていないと、

「ワクチンを打たれたせいで、ネズミの寿命は縮まってたった2年で死んでしまった。やっぱりワクチンは危険だ!死ぬぞ!」

と解釈する人って、すごく多いだろうな、という話。気をつけよう。

 

本の断捨離が進まない(2)と「ギョウ虫検査」

同じようなネタを去年も書いていたのを発見した。

 

 

蔵書を、一度さっと読んでから処分しようと思うと、困難にぶち当たる。

以前一度は読んだと思うのだが、改めて読むと、内容をほとんど覚えていないからだ。

だからまた1からほとんど新鮮な気持ちで読み返せる・・・ ので、全然進まない。

これってなんでだろう?と思っていると、多分、私じゃなくて母が買って残していった本だったりする。だったら仕方ないか。

佐藤愛子さんの「これで、おしまい」なんてエッセイ本は、彼女が87歳の年に、終筆宣言代わりに書いた本だ。なのに、彼女は98歳になった今でも、まだ本を出している。あれのどこが「おしまい」だったのだろう?

母は全然読書家ではなかったけど、やはり、同世代の女性による本を買う傾向だった。多分、新聞広告で見たものだったろう。しかし、それらを読んでも、著者が親しくしていたが、読者から見たら、ほとんど「歴史上の人物」のような人たちの名前が並び、

「ああ、彼らも向こうへ行ってしまった。私もそのうち行く」

なんてフレーズが出てくる。まあいいんだけどね。

とにかく、ハードカバーって重量があるから、床にも悪い。同じ内容なら新書版で買える時代である。もちろん電子媒体でも買えるが、私はあまり好まない。

 

図書館へ行き、女性作家コーナーへ行くと、ビックリするのは、書名が、

「老いの○○」

「90歳 老いを生きる」

「ここまで長生きして」

など、もう、老婆の本がこれでもか、これでもか、と並んでいることだ。もちろん、老女性作家なら家事育児に時間を割かれず、たっぷりと書く時間を確保できるっていう理由もあるのだろうが、私がちょっと残念だなと思うのは、そういう「老い」をテーマにしすぎてしまうと、若い女性は手に取ろうという気にならないだろう、ということだ。

人生の先達から、学べることも多々あるのにね。それにしても。もう「歴史上の人物」になったような人たちとの交遊録なんて、若い人たちが読んだって面白くないだろうな。しかもそれら老女性作家たちは、世代的に、会社勤めというものをしていないはずだ。林真理子さんや内館牧子さんらは、会社勤めを経てから作家になった。だから、若いOLらも彼女たちの本は実感と説得力を持って読めるだろう。

私は、女性の先達に大いに語って頂きたいと思うのは、現役時代の失敗談である。成功談もいいけれど、失敗談から学べることこそ多いと思うから。私だって、いま振り返ると、若いころに取ってきた行動の数々を、顔から火が出るほど恥ずかしく思える。私がもしこれから起業し、誰かを雇うとしたら、絶対50歳を過ぎた人がいい。数々の経験を乗り越えているから。日本の企業って、まだ何も分からない大卒の新人をよく雇って根気強く育てるものだと感心する。私が長年働いてきた外資系は、最初から必要とされるスキルを持っている人らを選んで中途採用する。ゼロから育てる環境ではなかった。

 

 

・・・・ と、ここで、話は脱線する。

上述の佐藤愛子さんの本に「ギョウチュウ検査」の話が出ていたので、あ~~、そういえば昔、小学校のときやらされたな~~と思った。

年に1回くらい、学校から配られて、朝、コーモンに貼り付けてから剥がし、学校へ持っていったアレである。

今はどうなっているのかと、ネットで調べてみたら、2016年3月をもって廃止されたのが分かったが、私はむしろ、

「え?? そんな最近までやっていたのぉ???」

と驚くばかりであった。

たまに、コーモンに貼るだけでいいのに、余計な物をくるんで来る子がいたりした。

ジョコビッチ、見損なったなあ

全豪オープンテニスに出場するため来豪したジョコビッチ

オーストラリア政府が定める新型コロナに関する入国基準に適合しなかったため、ビザを取り消されたが、不服として裁判所に提訴し、裁判所もジョコビッチの言い分を認めたそうだ。

 

これって、おかしくないか。

 

 

ジョコビッチが、体質的に、なのか、信念で、なのか、コロナワクチンの接種をしない or できないとしたら、きちんとした医学的証明書を提出する義務がある。しかし、今回、入管ではその医学的な証明書がなかったということで、同選手の入国を拒否したのだ。至極まっとうな判断である。

 

ジョコビッチは、2回も新型コロナに罹患している。

つまり「コロナの保菌者」なのだ。

 

オーストラリア政府が、入国の条件として、「2回の接種済み」か「接種が不可能な体質であることを医学的に証明する書類を提出」と定めているなら、それに従い、それらが不可能なら、今回の全豪は辞退するまでである。

これまで何度も4大大会に優勝してきたジョコビッチだから、金に困っているわけでも何でも無い。

 

それよりも、「オレはジョコビッチ様だぞ。世界ランキング1位のオレの入国を認めないなんてオーストラリア政府は許さん」という傲慢さが満々に感じられる。ジョコビッチ様なら、ルールもへったくれもなく、横紙破りも構わん、ってことか。

 

オーストラリア政府は再抗告すべきだろう。保菌者であるジョコビッチのせいで、誰かが感染したら、ということを、ジョコビッチ微塵も考えられないのだろうか。彼はマスクも付けないらしい。

一体、裁判所、っていうのは、日本も例外ではないけれど、どこを見て判断しているんだろう?

それにしても、ジョコビッチは見損なった。